ドストによらない、ある家の記録(序章)2009/09/01 17:31

長い長い梅雨&夏期休みをいただいておりました当ブログですが、 方向性もまだあいまいなまま、とりあえず暫定再開してみようかと。 しかしそのままずるずると進んでいきそうな気もする。 どうぞ、身もココロもゆる~く、まったりと、 テキトーにおつきあい下さいませ。

ドストの「死の家の記録」を読み始めてみました。

死の家とは監獄。 ドストが政治犯として過ごしたシベリアの監獄内の体験をもとに書かれた作品です。 あまりにも濃すぎるぶっ壊れキャラが次々登場します。 その他にも、犯罪というシステムや社会全般や人間性などに対する深い洞察もたっぷりで、その後のドストが扱うモチーフがぎゅっとつまったお徳用作品です。

最初のほうにこういう定義があります。

「人間はどんなことにでも慣れられる存在だ」

とな。えぇ無条件に同意いたします。人間は慣れることができる…

子どもたちがず~っと家にいるあの恐ろしい「夏休み」でさえも!

えぇひどかったです。子ども2人が一日中いるだけで こんなにつらいものなのかと。 2回ほど、夏風邪という名の過労で倒れました(マジ)。 子ども3人以上だとどうなっちゃうんだろ? くれぐれもお疲れさまでした、待望の9月です、ご自愛下さい(-人-)

で、ドストのほうは、もうちょっと読んで要約するとこんな感じ。

監獄で辛いことベスト3~♪

1.完全に一人になれる時間がない

2.強制された労働(過酷な労働内容よりもそれが強制されているという点)

3.暮らしたくない他人との共同生活

うっひゃっひゃ!それって私のことですか?!ヽ(゜▽、゜)ノ

と、(爆)マーク100個を残しつつ、次の記事を待て、なのだ。 (子どもたちをお風呂に入れてきまーす。)

しょっぱなからこんなんで…明日はどっちだ!?

ある家の記録(いきなり中座)//から揚げ2009/09/02 12:35

…続きを書こうかと思ったのですが、ドストの要約が全てを物語っていることに気づき、まぁそれはそれで置いておこうかなと。

一つだけ。一番つらかったのは、ずっと家で過ごしていてくしゃくしゃした子どもたちがなにかともめて、そういうのに慣れていない周りの大人達が絶えず注意していたこと。注意のしかたもこれまた慣れていない。親としては、聞くに堪えない。 だからどこかに連れて行きたくても、私は夏バテ寸前…連れ出せる人、以上。 だからなにかと実家に強行軍を出すんだ。3人分の出かける支度をして、荷物と二人を車につけ、高速走って2時間。とりあえず、子どもの気分は替わる。私の気分も。

さて、9月1日にやったこと。

銀行に行って、通帳記入。 スーパーに行って、ドライハーブと、ワインビネガーと、無塩バターを買った。 小児科に電話して、エルとジェイの予防注射の予約をした。 洗面所とリビングの流しの排水口の掃除。 ジェイの下着の漂白。

えぇやっとそういう細々したことを片付ける気力が創出されましたとさ。

9月はエルの行事で、これまたくしゃくしゃにつきあわなければならないこと必至。このわずかな凪の間に気力・体力を立て直さないと!


今日は、エルの幼稚園帰りに、エル&ジェイの予防注射なので(インフルエンザの注射が予想されるので、早めにそれ以外のものを済ませておくこともインフル対策の一つ…)、朝から気合いを入れて夕飯の支度。鶏肉のから揚げをしながら白身魚のホイル蒸しを仕込み、炊飯器のタイマーも準備したので、あとはキャベツを切るだけ♪余裕があればおみおつけでも♪という余裕っぷりであります。ジェイは義母と遊んでいたので、まともな気持ちで料理に集中できることがこの上なく幸せ。

ついでに、蒸しジャガイモを拍子に切って揚げ、塩を振ったら、ジェイがペロリ。お昼はこれでいいや(笑)。冷蔵庫の片隅にあったスペアリブの残りも同じ衣を付けて揚げてみたら、やわらかくなってなかなか美味。

から揚げ2日目は、から揚げ丼がおいしい(から揚げ+切ったプチトマト+薄切り玉ねぎをポン酢で和えて、ごはんに乗せ、黒コショウをばりばりっと挽いて仕上げる)のですが。から揚げ余るかな?その昔はだんなさんが作ってくれたものですが…今は自分で作ってまーす(笑)

生活と、リアリティー。2009/09/04 12:20

お休みの間にこんなことも考えていました。

ブログの方向性、と書くとアウトプットに焦点がありますが、実はその発生システムのほうに興味がありまして。

自分の中で、「書く」ということを(当面はネットで走り書きレベルですが(^-^;)、どういう位置づけにしたいのか?

そこで、思い当たったのが、リアリティーということ。
リアリティーは、リアルとはちがう。
事実と真実は違うように。

自分(の属する種類)の生活、というものを、リアリティーを持った文字にする。

ノンフィクションでもなく。
ルポルタージュでもなく。
一般化でもなく。
正当化でもなく。(ってだんだん話が小さくなってきたな(^-^;)

今ここでこうやって生きている、という力を文字に落とし込む。
…と書くととてもカッコイイ(笑)

書き終わったものの処遇ばかりに目を奪われていて、これから書きたいと思うこと、をちょっと忘れていました。→反省。

ようやく、それに気づいたので、メモしてみました。→即対応。即時ならば低レベルでも可。

   *

さて、自分はどういう種類の生活をしているのか?

専業主婦・子ども二人・義両親と同居・
まずはそのへんが思い浮かびます。

その他に、経歴や性格などもあるんだろうけど。
まぁそのへんはテキトーにおいといて。

人間はえてして、他人にとってフツーであるところの日常に対する想像力というものが、予想よりも脆弱であります。もちろん私も含めて。だって自分の日常だけで精一杯だもの。誰だって。
だから、そのへんをうまーく切り取って、誰かに伝えられたら(そして、あわよくば交換できたら)、それはとても愉しい作業ではないかと思うのです。交流は、人生を深め、生活を潤す。

リアルを一緒に生きるのも楽しいけれど、また、上手に要約された違った種類の生活に触れるというのも、ワクワクするものです。

まぁ、そんなこともね。ぼちぼちと。
千里の道も、一歩から。