使える知識(身体論的)/自立&自律の仮の一歩2010/02/03 09:44

正月後の気力低下に加えて、家族ほぼ全滅の胃腸系風邪で、ふらふらしておりました。折りしも節分、豆まきで邪気を追い払いたいものです。

で、その間に考えていたことなど。

*****

珍しく、雪が降りました。エルいわく

「雪って、ふわふわしてると思ってたけど、しゃりしゃりなんだね!」

と大喜び。1日でだいたい溶けてしまったのですが、日陰の道端の雪を集めて、手が真っ赤になるまで遊びました。帰宅後、お湯に手を浸して部分浴をすると、

「お湯がすごくあったかいと、凍ってるみたいなかんじ!」

手がじんじんと切れそうなくらいの感覚は、仮想を裏切る現実を、しっかりと身にしみこませた証拠なのかもしれません。

雪の夜が明け、雨戸を開けて一句;

人の数 ほどもありけり 雪の屋根

…エルとジェイの屋根にも雪降りつむ(^ー^)

*****

自由記述形式問題の採点を手伝う機会がありました。そこで感じたこと。

「使える知識」ってなんだろう?

知っている、だけではだめで、自在に使いこなせる「型」へと「技化」されて身についている知識のことである。

与えられた問題(ルール)の中で、手持ちの型や技を、どれだけ適切に利用していけるのか。

また、問題やルールを自分にとって切実なものとして引きつけるための「問題再構成力」もありそうだ。

まずは問題を、自分にとって切実な側面で切り取る。そして解答は、他者にとっても妥当なものに仕上げていく。自分の基準は個人的経験、他者の基準はコミュニケーションから得られるのかもしれない。

と、そんなことを考えました。

断片的な知識は、最初は点かもしれないけれど、異なる文脈で繰り返し参照することによって、線でつないでゆき、幅を広げて平面的広がりを持たせ、他の知識との相対的関係で立体構造となり、その空間を、自らの関心で切り取って使っていく。そんなイメージ。これは脳の構造ともパラレルですね。

平面的広がりを机の上とすると、そこから先の、立体空間は身体かもしれない。

*****

エルは、相変わらずの、プチ不安くしゃくしゃ期でもありますが、どうやら、親離れ仮の一歩を踏み出そうとしているようです。自分の基準で判断して行動したいらしい。なにかにつけて細かい主張をします(スプーンはどれがいいとか、こういう順番でやろうと思っていた、など)。

不安な時期のこだわりは、状況を把握するための羅針盤またはコンパスのようなもの、とモンテ系の記述にあった気がしますが、自分の基準が、どの程度妥当なのか、一般的に認められるものなのか、試行錯誤をしているのかもしれません。

おぉ、そう受けとめると、ずいぶん前向きじゃないか。

いちいち面倒ではありますが、自立&自律した大人になるための、大切な訓練期間には違いない。こちらも頭を切り替えて、合理的に対応するのが得策というものだ。

逆に言えば、これまでの間に、どれだけのルールを、暗黙の技として身につけてきているかがエルの資本ということですね。うーん、いちいち身につまされるなぁ、発達段階。しかも毎度後になってから(笑)そのために、いろんな本やら資料などがあるのですね。なるほど、そうか。むだにあれもこれもと不安になるよりは、「たぶん後から振り返れば実感できることなのね」と割り切ってふるい落とし、上手に使えばいいのかもしれない。目線の方向が違うだけで、ずいぶん違った世界に見えるという不思議。主観客観、傍目八目。されど子育て待ったなし。どーんと構えて自然体。


にほんブログ村 幼児教育 ←ランキングぼちぼち参加中♪

『二キーチン夫妻と七人の子ども』(本レビュー)2010/02/10 10:44

図書館で見つけたので、借りてきてみました。

クレヨンハウス系やカラフルな教具などで有名な二キーチン夫妻。体操能力と知力の結びつきやいかに?

一番大きな印象は、

夫妻が、失敗経験から、的確に学んでいく姿

でした。幼児教育では成功体験を語るほうが圧倒的に多いのですが(社会的にも望ましいし、子育てはやり直しや統制実験が不可能なので、そうならざるを得ない部分も多いからだと思います)、なんといっても、7人もが次々に育っていくわけで、一人から得た経験を、その下の子どもに生かしていくという合理性は、うらやましくもあります。

充実した運動設備や教具なども、それ自体が魅力的で目を引くものでしたが、

子どもが必要とするものを見極め、形にしていくニキーチン氏のまなざし

は何よりすばらしいものでした。形になったそのもの自体は、彼にとっては愛情と情熱の副産物であって(もちろんさまざまな工夫が凝らされており、子どもの反応を引き出しやすいものになっていますが)、その道具を利用して、子ども自身が環境に働きかけていったり、子ども同士が触れ合ったりする行動をよく見つめることが、彼の興味の中心だったのではないかと思います。そのまなざしを感じ取って暮らしていける子どもたちは、本当に幸せですね。もちろん、彼の工夫を利用できる私たちも(^ー^)

また、繰り返し言及されているのは、互いに思いやることや、働くことの意味などです。教育の基礎にある、生活上の価値観について、改めて考えさせられました。改めて気づかないと忘れられがちである、という点では、ニキーチン夫妻も現代の私たちも同じですね。

早期からの体育教育についても詳しく書かれていて、この点だけを真似することもできそうではありますが、夫妻の意図はそこにあるのではなく、あくまでも、自分たちがどのように試行錯誤して子育て期間をすごして来たのか、(失敗体験を含めて)正直かつ率直に語った、めったに得られない貴重な記録だと思いました。


にほんブログ村 幼児教育←ランキング参加中♪

年度末を見据えた、この頃。2010/02/11 15:20

そういえば最近何してたっけ?と思い、ここに書いてみようかと。

*****

託児室完備のジムに行き始めました。とりあえず、45分の初級エアロビクラスを週1回のペースで。先日は体成分測定の後、2年ぶりにプールで泳ぎました。元水泳部なので、30分ではちょっと足りなかったです(^-^; ジェイの託児をゆるゆると慣らしつつ(すでにすっかりなじんでますが、次女は強し)、エルも小学生になればお迎えはなくなるし、しばしの辛抱ですね。

こんな状況下でも、手間と時間とお金をかけてマメに運動するわけは、「身体性の維持」のためです。私からエルやジェイに、もっとも大きく視覚的に伝えられることは、私が普段から身体をどう使ってすごしているかということだと思うのです。私の身体の動きから、自分自身の動きを多面的に想像し、実際に作り上げていく経験。身体論的な教育論をイメージするときに、まずはこれを一番に考えます。「子どもは、親の言ったとおりにはしない、やったとおりにする」というなかなかイタい言葉にもつながりますね(^-^;

エルが小さいころは、ほぼ病み上がりで妊娠・出産・育児をしていたので、体力が全然なく、「ぐるぐるどっかーん」さえ一緒に踊ってあげられませんでした(それだけでもへとへとになったので)。幸いエルは、あまり身体を動かすタイプの子ではなかったのでラッキーでしたが(しかし同時に、私自身がもっと早くから見本を見せてあげられたら、エルも学ぶところが大きかったのでは、と反省もしています)。

ジェイは、身体を動かして、どんどん環境に働きかけて学んで行くタイプなので、体力を回復しておいてよかったです(^-^; そして、これからも、維持しようと思っています。

毎日の育児・家事を快適にこなすためには、まず体力。そしてその先の、いつか来る、介護でも。何より、自分自身のアラフォー的体力下降傾向とうまくつきあっていくためにも。

*****

ジェイは4月から、月2回の育児サークルに参加する予定です。エルのときも別のサークルに入っていたのですが、そちらはメンバーが減って解散してしまいました。下の子どもは同年齢のお友達と遊ぶ機会がなかなかないし、話を聞くと適度にゆるくて、メンバーの雰囲気もよさそうだったので、思い切って参加することにしました。たまには、ジェイのためだけの時間を外で過ごすのもよさそうです。

*****

本を読んでいます。まずは「徒然草」、「方丈記」ときて、いまは「太平記」の途中です。もちろん現代語訳バージョンです(笑) 講談社から出ている「少年少女古典文学館」という全集は、専門家ではなく文学者が訳しており(それも信じられないほどの豪華メンバーです!)、とても読みやすく、解説も充実しているので、すっかりはまってしまいました。

鎌倉・平安時代の文学にはなじみが薄かったのですが、乱世の無常観が、現代のそこはかとない不安感とぴったりマッチして、これまたなかなかいい感じなのです。夜中に、塩せんべいをかじりながら、控えめなライトの下で、愉しい読書のひとときをすごしています。

*****

エルのくしゃくしゃ期→世の中の基準に挑戦期、はどうやら、「とりあえず何でも言ってみよう!」期でもあるようです。今まで幼稚園や習い事では、あまり自分から話をしなかったようなのですが(…いや、家では常に女王様なんですがね(^-^;)、最近になって急に、コメントしたり、知っていることを大きな声で言ったり、周りのお友達を注意してみたり、ぐっと口数が増えたんだそうです。

もちろん、友達とうまく意思疎通ができずに、へこんで帰ってくるときもあるのですが…そういう時こそチャンス!まずは少し時間を置いてよく様子を観察してから、話の糸口を見つけ、エル自身はどう思ったのか、相手はたぶんどう思ったのか、どうやって誤解を解いたらよいのか、あくまでもエルのペースで丁寧に、一緒に考えてみることにしています。もちろん、エル自身で解決可能と判断した場合には、あれこれたずねずに、そのままそっと見守ることもあります。

これから先、人間関係のさまざまな難しさに直面するに当たって、このレベルの小さな積み重ねが非常に大切ではないかと感じるのです。自分が困っているときには、周囲の大人が、「エル自身の言葉を探す手伝い」をしてくれると感じてもらえれば、自分に自信をもって、現実と接することができるようになるでしょう。親業の最初の部分も、いよいよ仕上げ段階に入ってきたのかな~と思います。ま、できる範囲で、ぼちぼちと。親業そのものは、まだまだ長いのですね(^-^;


にほんブログ村 幼児教育←ランキング参加中♪