退院後のシナリオB2010/09/01 13:38

入院準備も一段落。さて、退院後のこともちょっと考えてみる。

以下は、あくまでも可能性の話。

シナリオAは、例のカタマリが良性だった場合。とりあえず、めでたしめでたし。経過観察として、年単位で検査がありそうです。

で、もちろんシナリオBもございます。

何らかの悪性部分が存在した場合。恐らく、抗がん剤治療をすることになるのではないか。週1ペースで点滴を4週連続+1週休む、以上が1セットで、これを何セットかやるらしい。

希望的観測では、最も軽めの予防的な意味の強い治療になるだろうとは思うのですが、確かにこれは大変そうだ。話を聞いた人は、3セットで(気持ち的に)もう病院に行けなくなったそうです。それってごくフツーな反応だと思う。

これがもし私の生活になったらどうだろう?と考えてみた。

「…まぁ、そういうこともあるのかなぁ」

じたばたしながらも、結局は引き受けてしまうようなイメージ。

もちろん、それは非常に大変だし、できれば避けて通りたい。これまでは一度も想像なんてしたことの無かった姿。

けれど、その時点での可能性として、いちばん長く生きるための一つの選択であると、たぶん納得できそうな気がする(あくまでも今のところは)。

もちろん、身体的にムリだったら、別のシナリオCという可能性もある(これは不確定要素が多すぎて、その時にならないとわからない)。

しかしどうして、そこから逃避しようと思わないんだろう?無理してる?我慢してる?もちろん、そういうところもある。

けれど、そこにはきっと、ある種の新しい経験という側面がある。その局面に立ったときの自分の気持ちを知ってみたいような、知らないままでいたいような。

日常の中の、非日常とは。非日常だと思っていたものが日常になることとは。

自分が生きていることを、ある面で、相対的に受け入れているところがあるのかもしれない。もちろん、もう70までは絶対生きるって、35のときに決めてあるし、その先もたぶん、憎まれっ子世にはばかる的にぎらぎらと存在し続けていると思うんだけど(笑)→この話はまた、ポストうつ系のどこかへ通ず。

ジェイの寝てる間に、とりあえずアップ。すみません、とらえどころの無い話で(^-^;

ママ友とランチ。//ココロの準備のレゴ遊び。2010/09/02 18:29

今日は用事の帰りに、横断歩道で信号待ちの友人を発見。「いつものメンバーに声をかけてランチに行くところなんだけど、具合が悪いかもと思って、誘うの遠慮してたの!よかったらぜひ来て!」と言ってもらい、早速、ベビーカーで眠っているジェイをつれてランチに。

このメンバーで飲み会した時に、即検査に行くべし!と言ってもらったんだよねぇ。ありがたや。

直接話をしたかったなかよし友達(ママ友というより、もうすでに、子ども抜きの友達)がだいたいそろって、あれこれと。退院後のほうが大変そうだから、手伝えることがあったら何でも言ってね!と具体的なプランまで提案してもらい、大感激。この際、遠慮なく声をかけさせてもらおうと思いました。

サークル事務も、だいたい仕事は割り振ったので、あとは、退院後の体調と相談だな。これも、遠慮や無理をしないことに決定。

何かと抱え込む性格なんですが(これはあまりよくない)、それをやめてみるいい機会なのかもしれません。

正当な手続きさえ踏めば、あとはなんとかなるものなんですね。大概のことは。←学ぶの遅いなー。

しかし、母業だけは、オンリーワンなのよね。

ジェイと一緒にレゴで物語遊びをしました。

「お母さんが病院に入院しました。入院は寝ているお仕事です。パパとエルとジェイがバスに乗って、お見舞いに来ました。来てくれてありがとう、うれしいなー。バスに乗っておうちに帰ります。お母さんが元気になって退院しました。いい子で待っていてくれて、どうもありがとう(子どもの頭をなでなで)。みんなでお祝いのパーティーをします!」

お祝いのパーティーが気に入ったらしく、牛や羊も次々かけつけ大変なことに…。ま、いっか(^-^;

何も知らないパパに、この遊びをしようと説明しているのを聞いたら、一応いくつかのディティールは保持されているようでした。だいたいそんなもんでしょー。

あと2日、ごくフツーに、丁寧に、過ごせたらいいな。

雑用ラストスパート。2010/09/03 09:27

いやー、次々と細かい用事が出てくるものですねぇ(^-^;

長期出張の前の社会人ってこんな感じなんだろうなぁ。とりあえず、しばらくいなくても目鼻がつくように整えておき、戻ってきた後のことも考えつつ、同時に、出張中に起こりうる事態を想像しながら準備をする、と。

自分が普段どんなことをやっているのかを、別の角度から眺めるような感じ。想像力とコメント力と段取り力。まったく、何事も勉強になりますです、はい。

人間の認知&行動能力って、単純な還元主義だけではとらえられないな。なんというか、基本的な構成要素を結びつけている、その時々のやり方というものが、その本質なのかも。動的なシステム論とでもいいましょうか。

そういえば今の世の中って、素朴な還元主義に流れすぎてないか?構造主義に対するトラウマか?まぁその辺ホントーによくわかんないからここで放置。知らぬがほっとけ。それでもその空気を吸って生きていくしかないのだ。

さて、今日もフツーの1日を始めますよ~。まずは洗濯物干さなくちゃなー。朝顔に水はやったし←水やりを1日忘れただけで、かなりぐったりとするんですが、たっぷり水をやると、翌日にはしゃんとします。ソウイウモノニ ワタシモナリタイ。