【後日記す】術後4日。食事開始。2010/09/10 23:59

2時間しか寝なかったので、今日はなるべく何もしない・何も考えない方向で楽に行こうと決めました。

夜眠れない対策として、自律神経を整えることが大事なので、胸を開いて呼吸する練習(肺のすぐ下に傷があるので、胸が開きにくいのです)、あと、今の自分の感覚を意識する練習をすることが大事だなーと思ったので、腕を上に上げて、ゆっくり呼吸するだけの時間を多く取りました。今回の自律神経は、手術+せいりせいとんのダブルパンチなので、徹底的に整えないと(^-^;

5日ぶりの朝ごはんは、流動食かと思いきや、サンドイッチ用のようなパンと、よく煮た野菜と、飲むヨーグルトという、フツーのやわらかめ病人食でした。恐る恐る、ゆっくり食べると、ちょっと元気が出ました。

やっと点滴の位置がまともになったので、顔を念入りに洗い、丁寧にスキンケア。肌の調子がよくないと、気分も晴れないなー。

で、10時ごろに、めでたく「出」ました。このときはイマイチだったけれど、断食の後に出るのって、とてもまともなやつです。これは美容効果もありそうだ。しかしこれは生命としても大事な話で、手術の合併症で一番怖いのは腸閉塞だそうです。手術が決まったら、即、乳酸菌の大量投与をすることを強く推奨します。私はビオフェ○ミンSを愛飲。入院中もずっと飲んでました。

で、この日になってようやく、ちょっとヒマかも?と思えるくらいのココロが戻ってきました。

で、お昼もゴキゲンで食べたら、小さくなっていた胃が拡がって、ピシピシとしました(^-^; 横になっていたら、2時間くらいで流れていきましたが、ちょっとびっくり。

夕方、着替えた後に、翌日に来るエルとジェイが静かにしているように、雑誌やお菓子などを、院内のコンビニに買いに行きました。

夕飯は、用心しつつ少しずつ食べたのですが、最後まで胃に普通に収まり、ホッとしました。

夕食後の過ごし方が大事!と、照明を落とし、パット・メセニーなんかを聴きながら、のんびり過ごしました。9時過ぎに眠くなり、うとうとしていたら、10時過ぎに、点滴が終わり、針を抜いてくれました!!この点滴が終わった瞬間というのは、いつも感激します。両手をいろいろ動かしてみたり、左手をマッサージしたり。丁寧に顔を洗い、スキンケア。あぁ幸せ。残りの、内臓の配水管の管1本が抜ければ、退院までカウントダウンです。

その日は12時前から5時前まで続けて熟睡。うれしかったなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント防止のクイズ認証をします。
「お花見をする花といえば?」
(ひらがな3文字で)

コメント:

トラックバック