第1章 プルーストとイカに学ぶ2010/10/01 08:45

*第1章は、本全体の概観なので、ちょっとしっかりめに書きます。

【第1章 プルーストとイカに学ぶ】

●文字を読む脳とニューロンのリサイクリング(pp.16-37)

・読むことは、歴史上最も素晴らしい発明の一つ。

・読み方を発明できた理由:脳は新しい接続を生み出せるから。

・読字について、歴史的進化・子どもの能力獲得と発達・脳の生物的基盤と読めないこと、から考える。→Ⅰ部、Ⅱ部、Ⅲ部に対応。

・歴史と進化の両面から考察することは、読める/読めない脳の両システムに共通のアプローチ。

・脳は”オープン・アーキテクチャ”。既存の構造物と回路の間に新しい接続を生み出せる。

・文字を読む脳は、変化する。例えば、漢字と英語では経路が違う。考えは、読んだものから生じた見識や連想に基づく。

・発達(個人的・知的次元)と、進化(生物学的次元)を併せて語る。メタファーはプルースト、研究はイカを取り上げる。→識字を異なる次元から解明する相補的な手段。

・プルーストは読書を、幾千もの現実に触れることができる知的「聖域」と考えていた。触れた現実は、知的生活を一変させる力を秘めている。

・1950年代の科学者は、イカの長い中枢軸索を使って、ニューロンの発火(興奮)と情報伝達を解明しようとした。

・現代の認知科学者は、脳内の認知プロセスを調査している。読むことの成功/失敗に適応する方法は、イカの研究と相通じるところがある。

・プルーストの"聖域"と、イカは、読字のプロセスを異なる次元から解明する、相補的な手段。

・例;プルースト『読書について』からの引用文を、できるだけ早く読んでみる体験。

 →本にまつわる、自分自身の思いを浮かび上がらせたはず。読書中は、自分の意識から抜け出して、他人の意識に入り込むことができる。

 →認知プロセスを駆使。*このプロセスを実際に経験することで、以下の読字に関する知識が深まる。
  
  注意・記憶・視覚・聴覚・言語プロセス。
  
  言語プロセス…意味次元の豊かさは、知識の豊かさによって決まる。
  
  子どもの頃の素晴らしい一日を忘れえぬものにしたもの、それは”神聖な喜び”、つまり読書である!

・読むという行動の生物学的な次元。ref.図1-1

 (単語を読む)行動<認知レベル(注意、知覚、概念形成、言語、運動などの基本プロセス)<神経系の構造物(脳、ニューロン、遺伝子)

 遺伝子にプログラミングされているあらゆる行動がどのように起こるかを理解するための三次元マップ

・読字自体は遺伝子プログラムを持たない。初めから学ばなければならない。←→視覚や発話(あらかじめフプログラミングされている)

・読字はいつ誕生したか?”→ニューロンのリサイクリング”によってなし得た。物体認識や視覚の特殊化の回路を、さらに特殊化。

・文字を読む脳は、視覚を概念形成および言語機能と結びつけるために設計された、古いニューロン経路を活用。(足跡→危険、道具→単語)

・脳の3つの設計原理:1,新たな接続を形成、2,脳領域を特殊化、3,情報を関連づける

 →読字の進化、発達、障害のいずれの根本にもこれらの脳構造の原理が働いている。

・視覚システムの特性:高度に特殊化。特異化することによって、既存の構造物間に新しい回路を形成する能力。

・赤ちゃんは、発火準備が整った優れた能力を備えた目を持って生まれてくる。

 生後まもなく、網膜にあるニューロンのひとつひとつが後頭葉の特定の細胞郡に対応し始める。

 →レチノトピック構造(網膜位相対応的構造)

 直線、斜線、円、弧などが網膜に映ると瞬時に、後頭葉にある特定の特殊化された場所を賦活する。

・ニューロン回路が自動回路になる能力は、レチノトピック構造と物体認識能力の他に、情報のパターンを表象する能力。

・細胞ネットワークの”同時発火”を学習すると迅速に検索できる視覚情報を表象。

・連携を学習した細胞ネットワークは、視覚情報が存在しない場合でも、表象できる。

・文字を思い浮かべるだけで視覚皮質にある特定のニューロンが賦活するという実験。

・読字の秩序ある発達過程は、読字にかかわる主要な認知システムや言語システムすべてに共通。

・文字を読む脳と内的思考は驚くほど類似している。

・読字は、脳の構造を進化させていく能力を反映しているが、同様に、読者が本文と著者によって示されたところを越えて思考を広げていく能力も映し出す。

 プルーストが書いたことを、自分自身の考えや個人的洞察と無意識に結びつけ始めた。

・筆者はモネの『印象:日の出』と結びつけた。

 プルーストもモネも、情報の断片を使って、完璧に再現した場合以上に鮮烈な印象を与える合成像を生み出していた。

 プルーストとモネは、間接的なアプローチを用いることによって、読者と鑑賞者を自ら作品の解釈に参加させ、その過程で、自らの解釈をより直接的に体験させている。

・文字を読むという行為:ニューロンの面でも知能の面でも、まわり道をする行為。

・読字からデジタル情報への変化。

 マイナス面:推論・分析・批評によって処理するだけの時間をかけたり、処理する意欲がわいてくるだろうか?

 ややプラス面:増え続ける情報を統合。複数の情報処理方法。

・連想は、読字の中核にある生成的な特性の不可欠な要素。

・読むものと文章の2つの関係。文字通り具体的に読むか、解釈を膨らませて生成的に読むか。例:聖書

・本書の主眼は、読字の生物学的・認知的側面に置く。(文化・歴史的な側面ではなく)

 読字の生成能力は、脳の回路配線に備わった柔軟性に似ている。与えられたものの特性を超越すること。

・読字は、脳が認知を飛躍的に発達させる能力を反映と共に再現している。読書は自分の考えを引き出すものだ by プルースト。

・読字は、体験すること自体が目的なのではなく、むしろ、ものの考え方を変え、文字通りにも比喩的にも脳を変化させる最良の媒体。

・本書の目的は、さまざまな学問分野を統合して、書記言語の3つの側面

 1.文字を読む脳の進化

 2.文字を読む脳の発達

 3.文字を読む脳のバリエーション

 に対する新しい見方を紹介する。


●口承の文化から文字の文化へ、文字の文化から新たな文化へ(pp.37-38)

・書記言語の起源:シュメールの楔型文字、古代エジプトの象形文字、クレタ島の原始アルファベット。

・書記体系によって、脳への要求が少しずつ異なる。

 最古の書記体系から、アルファベットに至るまで、2000年余りかかった理由。

・アルファベットの原則:音声言語の単語は、限られた数の音の組み合わせから成るものであり、それらの音は、限られた数の文字の組み合わせによって表される。

 この原則によって、すべての話し言葉を文字で書き表すことができるようになった。

・ソクラテスは、アルファベットと識字能力(リテラシー)の習得に異を唱えた。

 理由:口承文化から文字文化へと移行するなかで人類が失ってしまうだろうものについて語った。

 ソクラテスに対するプラトンの無言の反抗(言葉を書き残した)は、現代にもそのままあてはまる。文字文化からデジタル情報へ。


●読み方を学ぶ幼い脳--生後5年間の環境が将来を左右する(pp.38-41)

・書字の歴史と子どもの読字能力の発達は結びつく。

 1・人類は、読字学習に必要な認知能力を飛躍的に発展させるまでに2000年かかった。

 子どもは2000日で同じレベルの理解を強いられる。

 2.読字を習得するためには、視覚と言語用にある脳の構造物を接続しなおさなければならない。

・ピンカー曰く、「子どもたちにとって音の配線はすっかり揃っているが、活字は苦労してボルト留めしなければならないオプションの付属品」

・回路部品すべてをサポートする教育環境が必要←→読字の主要な構成要素一つか二つに的を絞っている現在の教育方法

・読字発達期(幼児期から青年期)を理解するためには、脳の回路部品一式と発達の仕方を理解する必要がある。

・読字学習は幼児期から。生後5年間の読み聞かせの機会の量が、後の読字能力を予測する最良の判断材料のひとつ。

・階級制度の問題。言語面で恵まれない家庭と、言語刺激の豊かな家庭では、幼稚園に上がるまでに3200万語の開きが生じる。

・状況の打開には、読字の前段階の知識が役に立つ。

 読字初心者の脳の回路と必要条件は、熟達者の脳とどれほど異なっているのか。

 ある種の読字障害を予測し、改善し、予防するのに役立てることができる。

 今では、診断や教育に使える、読字の構成要素に関する知識がある。

 デジタル時代の今だからこそ、これらの知識が、文字を読むうえで失ってはならないものを示してくれる。


●ディスレクシア(識字障害)と情報イリテラシー(pp.41-44)

・読字障害(ディスレクシア)について知ると、読字の前段階に関する基礎的な知識が、別の角度から見えてくる。

・素早く泳げないイカの子どもの研究と似ている。

 このイカと他のイカとの配線の違いが、泳ぎに必要なことと、泳げなくても生き残って繁殖していくための独特な能力について教えてくれる。

・正常な脳とディスレクシアの脳の活動を追跡記録して、ニューロンの地形図を作成している。

・神経イメージング研究より、ディスレクシアの脳の、これまで考えられていたところとは異なる実態が明らかになりつつある。

 ディスレクシアの脳の発達がもたらす恩恵の解明。

 実に多くの、発明家・芸術家・建築家・コンピューター設計者・放射線科医・資本家が、子どもの頃にディスレクシアであった過去を持っている。

 設計や空間能力、パターン認識を必要とする職業における類い希な想像力は、ディスレクシアの脳の何からきているのか。

 文字を持たなかった時代の要求に適している?視覚的な技術中心の未来にこそふさわしい?

・進化の過去と同時に、象徴機能の発達の未来にも目を向ける必要がある。

 本からインターネット(多次元化された”継続的な注意の断片化”の文化)へ。

 何を失い、何を獲得?どんな意味を持つ?時間のかかる深遠な知識の形成を脅かすことにはならない?

・Googleは一種の情報イリテラシーを普及させているのではないか? by エドワード・テナー

・識字能力が別のスキルに取って代わられてもおかしくない今、私たちが失いたくないと望んでいる識字能力によって向上する知的スキルの真価がはっきりと見えてくる。

・本書にまとめた所見は2つのパートに分かれている。

1.識字の特殊な側面を守り続けるために、社会全体として必死で取り組むための真実。

 音声言語と識字能力のどちらかを選ぶ必要はない。

 知的レパートリーに新しい次元を追加しても、文字を読む脳の深遠な生成力を失わないように気をつけることが大切。

2.最終章では、既知の情報の枠を超えて、直感と推量に頼るほかない領域まで。

以上が第1章。