第2章 古代の文字はどのように脳を変えたのか?2010/10/04 16:28

このへんからは、はしょったレジュメにする予定(笑)

【第2章 古代の文字はどのように脳を変えたのか?】

●”読むこと”の始まり(pp.46-)

・書字は、1万年前からいろいろ生まれた。

・読字の発生は偶然ではない。文化の変容と並行した、認知と言語の飛躍的向上の集大成。

・さまざまな書記体系が、脳の順応を要求した理由、思考方法の変化の作用。

・書字の誕生でのひらめき

1.シンボルによる表象

2.シンボルの体系化

3.音とシンボルの対応(すべての書字ではない)


●人類が初めて口にした言葉?(pp.48-)

・君主たちの記録(赤ちゃんを閉じ込めておき、初めて発した言葉を記録)

1.エジプト王プサメティコス一世(紀元前664~610)

「パン」を表すプリギュア語

2.スコットランドのジェイムズ四世

達者なヘブライ語

3.神聖ローマ帝国フリードリヒ二世

話し始める前に死んでしまった

・書字は、一度の発明か?いくつ発明が積み重なったのか?

・本書では、紀元前8000年紀~1000年紀の書記体系数種の起源までさかのぼる。

 脳の順応と変化の歴史が潜んでいる。


●文字の起源ーーシンボルと認知の飛躍的向上(pp.49-)

・クレイトークン(粘土片)(紀元前8000年~4000年)

 会計システム。売買された品物の数。

・数字と文字の発達は知的スキルの発展も促した。在庫を数えられる。永久記録。

・新しい能力の発生。物体を目に見える記号によって象徴化できるという、シンボルによる表象を使用する能力。

・シンボルを読む脳には、接続が2組必要。

1.認知領域と言語領域間の接続

2.左右の脳の接続

・脳イメージング研究にヒント

課題:意味のないシンボル(線)、意味のあるシンボル(正しい文字)、意味のない単語、意味のある単語

線;後頭葉の限られた視覚野のみ(ref.レチノトピック構造)

文字;脳の活動は2~3倍

→クレイトークンを読めたのは、第1次視覚野を隣接する(後頭葉、側頭葉、頭頂葉の)視覚・概念領域と接続できたから

側頭葉:単語の意味を理解するのに役立つ、聴覚・言語プロセス

頭頂葉:言語関係のプロセスと空間認知機能および計算機能

さらに、「意味」があれば、視覚と聴覚に特殊化した連合野にも接続

・象徴化のために活用・拡充される脳の特徴2つ。

1.特殊化の能力

2.連合野間に新しい接続を形成する能力

・人間と他の霊長類との最大の相違のひとつは、連合野に割いている割合。

 感覚情報の処理、情報を将来利用するための心的表象の形成を司る。

・シンボルの使用でも、知的生活でも、表象能力は重要。

 情報を想起して検索するのに役立つ。事実上自動的に認識できる。

・シンボルを読む→視覚野の特殊化だけでなく、視覚表象を言語情報および概念情報と結びつけることが必要

 ”連合野の連合野 by ゲシュビント”脳後部の3つの脳葉の接合部に位置する角回領域。

・角回領域の損傷が、読み書き障害につながる。

・イメージング研究より、読字が発達を続ける間は角回領域との経路が著しく活性化された状態にある。

・クレイトークンを読む生理的基盤

 角回領域を近くの領域と接続

 計算能力に関与する側頭葉のいくつかの領域や、物体認識にかかわる後頭-側頭領域(37野)とも接続する、小さな回路。

 人類史上初めて、読字における認知能力の飛躍的向上をもたらした。


●楔形文字ーーロゴシラバリーの登場と脳内回路の拡張(pp.55-)

・紀元前3300~3200年、第二の飛躍。

 個別に用いられていたシュメール文字が楔形文字体系へ→後のアッカド文字体系

 エジプトの記号がヒエログリフ体系へ

・シュメール語の書字体系は書字の進化で画期的

 書き手と読み手と教えるものに認知スキルが芽生えた

・抽象化が脳に要求する能力は、クレイトークンとあまり変わらない

 ピクトグラム:表象する物体に視覚的に似ている図形。絵文字は視覚システムが容易に認識。

 デハーネ説:書記体系と数字体系のシンボルと文字の多くは、それぞれが対応する物体と共通性の高い視覚的形状と特徴を備えている。cf.ユーゴー説

 ピクトグラム的シンボルは、物体認識と命名に用いられていた脳の回路をリサイクリング。

・楔形文字は、発生からほどなくして、謎の進化。

 ピクトグラムの面影を失い、表語文字(個々の文字が単語や形態素を表す書記体系)の要素と抽象性を増す。

 表語文字の書記体系は、音声言語に含まれている概念を直に伝える。

 さらに時が流れるうちに、口語のシュメール語に含まれている音節をも表す。

・一つの書記体系がもつこの二重構造を、言語学者はロゴシラバリーと呼ぶ。→脳に多くを求める。

・二重機能(音節や音/意味カテゴリー)を実現するために、脳に必要とされること。

 1.数百字もの楔形文字を解読するために、視覚野と視覚連合野に、多くの経路が必要。

 2.概念面の要求から、より多くの認知システムが必要。

  後頭葉の視覚野、側頭葉の言語野、前頭葉(分析、計画、注意の集中などの実行スキル)
 
・一つのシンボルが、意味と発音の両方の役割をこなす(判じ絵原理)。また、音声標識と意味標識。
 
・シュメール人の脳を想像する方法

 1.同じ文字を使って、並び順を変えた、無意味単語と正しい単語をどう読むか?

 最初は同じ視覚野→無意味単語は、視覚連合野で賦活をやめる。正しい単語の場合は、活発に動き始める。

 2.現代のロゴシラバリー書記体系から類推

 中国語に類似要素が多い。

 より全体的な処理に寄与する、右半球の領域を活用。

 視覚野+37野(物体認識) デハーネによれば、リテラシー(識字能力)における「ニューロンのリサイクリング」の中枢。

 表語文字体系が賦活させる前頭葉と側頭葉は独特。特に、運動記憶に関与している領域。繰り返し書くという漢字学習方法。


●現代の最先端をすでに実践していたシュメールの読字教育(pp.62-)

・シュメールの読み方の教師は、書記体系の教え方に習熟。

・シュメールの生徒が読み書きを覚えるには何年もを要した。粘土板の表に教師が、裏に生徒が、楔形文字を刻む。

・語彙リストの存在。意味カテゴリー/共通する発音による分類。

・20世紀の教育者が、最良の読字指導方法は音声学的方法か、意味に基づいた方法か?と議論するよりはるか以前から、シュメール人は、両方の要素を書記の指導に取り入れていた。

・シュメール語の書字がもらたした効用は、指導方法が概念の発達を促したこと。

 意味的・音声的に関連した単語を生徒たちに強制的に学ばせたことが、単語を効率よく想起し、語彙を増やし、概念知識を深めるのに役立った。

・シュメール人は、最初のメタ認知ストラテジーを読字教育に採用した。明示的な手段で、学び方と覚え方を教えた。

・形態論的特徴をもつ単語も学ぶ。複合能力。

・ハナジロザルも、言語における複合能力に似た音声体系を持っている。

・読字教育は、音声言語の主要特徴に明示的、つまり意識的に注意を払うところから始めるべきである。最先端カリキュラムによって実践。

・音声言語の特徴を把握→重要な言語の原理→教育と学習を促進、認知スキルと言語スキルの発達にも拍車

・シュメール語には2種類があった。

 1.標準語(エメギル:威厳のある言葉)

 2.女性語(エメサル:上品な言葉)

 女性語の単語の多くは発音が異なる。


●シュメール語からアッカド語へ(pp.67-)

・シュメール語が死語となり、アッカド語の書記体系と教育方法に、シュメール語のシンボルと教育方法が数多く引き継がれた。

・アッカド語は、メソポタミアの大半の人々が用いる言語となった。有史以来最も重要な古文書数点。『ギルガメシュ叙事詩』

・多彩な文学ジャンル→知識基盤に貢献。

・アッカド語の問題点。音節構造が単純(日本語やチェロキー語と似ている)。

 →一つのシンボルが個々の音ではなく音節をあらわす、音節文字の書記体系がうってつけ。

・アッカド語における、音節文字と表語文字の折衷。他の言語でもしばしば用いられている手段。

・英語:ギリシャ語、ラテン語、フランス語、古英語などのルーツ。

 形態音素の書記体系:スペリングで形態素と音素の両方を表す。

 例; muscle に含まれる、発音されない "c" 。語源となったラテン語にルーツがある。形態素を視覚的に伝えている。

 音声言語の個々の音の表現と、単語のルーツの表示という、2つの機能の妥協点。

・古代アッカド語の書記体系をマスターするまでに、シュメール語と同様、6~7年を要した。

・読み書きできるのは、何年も勉強を続けられる贅沢な身分の人々に限られていた。悪い方向への政治的影響力。


●ヒエログリフが育んだ活発な脳(pp.72-)

・長年にわたり、エジプト文字はシュメール語の書記体系から派生したものと思われてきた。

・エジプトの書記体系が紀元前3100年頃に全く独自に発明された、新たな証拠。もしかしたら紀元前3400年?

 →文字を読む脳の進化において、最初に大きな順応を導いたのはヒエログリフ。

・本書では、シュメール語とヒエログリフは別個に脳の順応をもたらした存在とする。

・ヒエログリフは表語的なサインに、子音を表記する特別なサイン(表音文字)を加えた、混合型の書記体系へと進化。

・”家”を表すヒエログリフが、他の表語文字の後に書き加えられれば、複合子音”pr”とも読むことができる(=音声標識、補語)。

・一つのサインにたくさんの用途があるため、多様な認知ストラテジーが必要。認知的判断と柔軟性も。→活発な脳

表語文字;視覚と概念の接続

子音サイン;視覚システム、聴覚システム、音韻システム間の接続

音声標識と意味標識;音韻・意味分析の能力と併せて、抽象化と分類の能力

・しかも、一行を左から右へ、次の行を右から左へと書いていく、ブストロフェドン(”牛耕法”のギリシャ語)書法。

・エジプト語が、他の書記体系と異なる、2つの変革

 1.2種類の筆記体を持つ

 2.音素に相当するものの発見。新語・外来語の表記が容易←判じ絵原理の限界がなくなる。日本語の漢字+仮名に似ている。

 この発見は、エジプト人の音声言語に含まれている子音を表記できる、少数の文字のサブセットを取り入れ始めたから。

 →”子音のための不完全なアルファベット” by ピーター・ダニエルズ

 後の、認知の第3の飛躍につながる。→単語の音を基にした内部構造をベースとした書字体系。

・ヒエログリフが複雑であったからこそ生まれた、エジプト語の子音のための不完全な書記体系は、アルファベットに進化に唯一最大の貢献。


●竜骨・亀甲・結縄ーー他の古代書記体系に見られる興味深いサイン(pp.76-)

・書字は紀元前4000年世紀の終盤に、3回、その後もさらに3回にわたって、世界のあちこちで発明されたようだ。

・エジプト語とシュメール語の他に、インダスの書記体系も、紀元前2500年ごろには文字へと進化。

・その後、

 紀元前2000年世紀、クレタ島でクレタ文字。線文字A(クレタ・ヒエログリフ)と線文字B(第3章参照)。

 マヤの書記体系(ロゴシラバリー;表語文字と音節文字の組み合わせ)。メソアメリカの結縄は、インカの書記言語体系?

 古代中国の書記体系。紀元前1500~1200頃から。それ以上前?竜骨に記号体系。亀甲や牛の肩胛骨に初期の漢字で記したもの。

 →混合型のロゴシラバリー。

 中国語が、他の古代書記体系と異なる点

 1.今でも現役である

 2.ピンインという書記体系(音節を音素文字で分割し、それらを組み合わせることで表記できるようにした書記体系)

 読字の初心者は、読み書きの概念を把握するためにピンインを学ぶ。

 3.女性だけが使っていた古い書記体系がある。音声記号で表した完全な音節文字。

 →音声ベースの書記体系、音節文字およびアルファベットへの移行がスムーズに行われることを物語る例。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント防止のクイズ認証をします。
「お花見をする花といえば?」
(ひらがな3文字で)

コメント:

トラックバック