あっぷだうん。2012/11/02 10:00

その後、ラジオ体操もなんとなく続き、睡眠たっぷりで6時起きな日々を淡々と過ごしております。

10月上旬に、「もうそろそろ大丈夫じゃない?」という油断もあり、「ガツンと落っこちることはなくても、意欲が出ないのがつらい~」となんとなく落ち着かず、とりあえず1週間くらい減薬というか断薬してみました。(無謀な人体実験)

が、案の定、

いきなり夜の眠りが浅くなり、夜中に目が覚めて頭の中がぐるぐるし出したので、まだ規則正しくお薬が必要なんだとわかりました。

とは言え朝晩にごく少量という、飲み続けても差し支えない量なので、年内くらいはこのまま行っちゃおうかなーと思っています。調整を考えるのはドタバタな年末年始を超えてからだな。

あとは、自律神経に関する本を読んで、よさそうなアイディアを取り入れることにしました。主に消化管ケアです。朝起きたら水を一杯飲むとか、腹八分目で間食も規則正しくするとか。午前中に30分くらいしっかり歩くとか。できる範囲で実践すると調子がよい気がします。

実はドグマっちと同じくらい、ビオフェルミンSが私には効いているんじゃないかという気も(^-^;

あと、ストレスを強く感じるときに、ビタミンC&Eのサプリメントをとると、身体が軽くなるような気がします。肌にも効きます♪

さらに、プチ断薬で調子を崩した後に、感情が固まってしまったような感触があって、そこから立ち直るために今回新しく取り入れたこと、それは、

「友達といっぱい話をする」

というもので、これは私にとっては画期的な新手法。

今まで調子を崩すとひきこもりがちだったのですが、ここはひとつハイテンションを長時間維持して、そっちに気持ちごと引っ張り上げちゃおうなどという、少し前までだったら考えられなかったアイディア。

けれど、家にいても完全に一人ではないし、家事の無言の重圧はあるし、それなら外でテンションを上げつつリラックスしたほうがましなんじゃない?という選択です。

体力があって気分だけ不安定だったから、ハイテンションをキープする方がむしろうだうだするよりよかったようで、つらい時間が早めに過ぎ去って安定しました。

いろんなことを少しずつやってみようとお試し中です。

読書遍歴は、先日の内田樹から、自律神経系解説ものを経て、感情のリハビリには演劇とかいいんじゃない?と思ったのでシェイクスピアの要約ものを数冊読み、今は阿刀田高の知っていますかシリーズを読もうかと思っています。←図書館にそろっているのを発見したので。

冬物の洋服も買わないと。子どものものは不足分を揃えましたが、自分のものはまだ。決断力も少しずつ戻ってきたので近々思い切って(?)買い物に行ってみようかと。

とりあえず送信。