炭水化物、あなどれん。夕方のおやつはおにぎり。2010/02/18 10:31

食生活に関する個人的な気づきメモです。

2月の始め頃におなかの風邪をひき(家族ほぼ全滅でした(^-^;)、1週間くらいはおかゆや小食生活が続きました。それがよくなってから、妙に空腹感が強く、暇さえあれば何か食べていた感じでした。幸い、運動もしているおかげで、体重自体はそんなに変わっていません。がしかし…

たくさん食べているはずなのに、妙にだるい。朝起きられない。昼間疲れやすい。夜も疲れているはずなのに早く寝付けない。

サプリメントやドリンクを投入しても、いつもほどの効果なし。

ご飯を食べても、満腹感&満足感がイマイチで、つい別バラを探してしまいます。これはおかしいな~と、あれこれネットサーフィンしていたら、こういう単語にたどり着きました。

「炭水化物中毒」

うーん、身につまされます。インシュリンの分泌の過剰(&セロトニンの減少)によって起こる不調ということらしいんですが、思い当たる節がアリアリです(^-^; もともとの遺伝的素質で血糖値には要注意だし。かなりまずい。

炭水化物中毒とペアで、高タンパク質低炭水化物ダイエット(たとえばアトキンスダイエット)というやや過激なダイエット方法があるそうで、まぁそこまでやろうとは思わないんですが(^-^; ちょっと自分の食生活を立て直す必要があるなーと感じました。

そこで思いついたマイルール。

・食事はよくかんで腹八分目。お茶もちゃんと飲む。

・食後2時間は何も食べない。カロリーのない飲み物のみ可。

・どうしても間食したければ、なるべく砂糖を避け、たんぱく質を取り入れ、少量をゆっくりと。

・炭水化物はなるべく、粒状・未精製のものを選ぶ。

まぁこんなところでしょうか。とってもフツーですね(^-^; しかし、知っていることと行動することは違うってことで、何度でもリマインダが大事♪

要は、血糖値を上げすぎない、ピークの時間間隔をあける、ということです。

*****

子どもが妙~にだるそうにしているのも、もちろんそれだけが原因とは限りませんが、(特に糖分の)高カロリーおやつを食べた後に起こる場合も、確かにある気がします。

我が家では、夕方4時半以降の「おなかすいた!」には、ミニおにぎりを作ることにしています。ラップにご飯を茶碗4分の1ほど乗せ、簡単に形を作ってから塩(ろく助の塩)をひとつまみパラパラと。もう一度形を整えてから、のりを巻きます。これを1~2個。あとは食事の時にたんぱく質と野菜を摂ればとりあえずOK!と、こちらの気持ちにも余裕ができます(^ー^)

もちろん他のものにすることもあります。冷凍のミニたい焼きやチーズワッフルドックやプチオムライス(たこ焼きサイズ)は、たんぱく質(小豆・チーズ・卵)が簡単にとれるのでおすすめ。昨日は全粒粉のクラッカーにブルサンのにんにく風味クリームチーズをサンドしました。これはほとんどおつまみですね(笑)

おにぎりのいろいろ。この間は、エルが風邪気味だったので、梅肉をこまかくしたもの(小さなボウルに梅干を入れて、スプーンで梅肉を細かく刻みます)に少量のみりんを入れてゆるめ、かつおぶしとしょうゆとごまを入れてよく混ぜ、まぜごはんのおにぎりにしました。さっぱりしていてジェイにも好評。夏場の食欲がないときには、梅肉と大葉とごまもよいです。自家製のさけフレークや炒りしらすにはごまを入れます。たらこ切子に酒少々を振りかけレンジでチンしてほぐして作るたらこふりかけにはもみのりを。

と、あれこれ書いてみてまた気づいたこと。最近の間食は、粉ものや砂糖もの(特に季節柄のチョコレート!)に偏っていた気がします。もちろん、おいしい♪楽しい♪のですが、ご飯に響きそうなときなどは、ちょっとがんばっておにぎりのほうがよかったかもしれないなー。こちらも改めての努力目標ということで。

さーて、今日も気合入れて、お米を研ぎますか(^ー^)


にほんブログ村 幼児教育←ランキング参加中♪

2才おめでとう♪/6才の本とワーク/3連休2010/01/09 10:38

ジェイはあと1ヶ月で2才です。エルと一緒に誕生日プレゼントを考えていましたが、アンパンマンの○○というのもぴんとこないし、基本的なおもちゃはエルのがあるし、うーん、どうしようね、となかなか決まらず。

さて、ジェイは毎日、あやしい耳コピの歌を歌い続けています。「しょうじょうじのたぬきばやし」や「だるまさんにらめっこ」や「アイアイ」や「こぶたぬきつねこ」や「てるてるぼうず」など。手遊び歌から、だんだんと、テンポのよい童謡に移ってきたようです。そこで、プレゼントはこれにすることにしました。

『子どもとお母さんのための童謡(2冊セット)』絵=いもとようこ

同名の全曲入りCD2組もあるらしいのですが、そちらはまだ考え中。CDを子どもに与えると、「○○をかけて!」などという手間が増えるので(^-^; BGMとしてかけて、知らない童謡も覚えるにはいいかもしれないですね。子どもはどちらかと言えば、場面にちょうどよく誰かが歌っているものから覚えていくような感じもします。その点でオススメは、ふうかちゃん時代の「いないいないばあ」のDVD『どうよう』です。ワンワンやうーたんが出てくるし、アニメはいもとようこさんだし、自然な歌声で歌詞もすんなり入るようです。選曲もバランスがよくてなかなかシブい逸品。

*****

最近のエルのお気に入り本は、

『吉四六さんと庄屋さん』

シリーズ(全3冊)です。どれもハッピーエンドだし、愉快だし、寝る前に読むには最適。この本のよいところは、活字が見やすくて大きく、また、音読に耐えるシンプルな日本語だという点です。内容も物語の原型をきっちり守っていて、ピンチを切り抜けるものの見方も鋭い。神話もすばらしいですが、民話もなかなかではないか、と庶民の底力を実感する一冊(って大げさな(笑))。

*****

さてさて、今の入学準備ワークも2月で終わりそうなので、次の一手を検討中です(賽の河原だ(笑))。コラショ系の連続にはそろそろ食傷気味なので、はなまるリトルあたりはどうかなぁと考え中。はなまるリトルなら、公式の通信教材リトルくらぶよりもコストパフォーマンスは抜群によいし(この値段の違いはたぶんリトルくらぶについてくる父母用解説書かもしれない)。

希望する内容としては、私の出題でも使いまわせるような、ごくごくオーソドックスな基礎問題レベルで教科書範囲以外の知識もカバー(ってどういう内容だ?)なので、今のところ、はなまるリトルが有望です。

先取り学習するつもりはあんまりないので、そういう意味では4月から始めてもいいかもしれませんが、入学後しばらくは主に「生活に慣れる」ことに力を使いたいので、現在の机に向かう習慣を維持するという達成レベルで、ゆるゆる~っと。

それにしても、通信教材って、いっぱいあるんですね~。(私が)締め切り苦手なんで(^-^; しばらくは、本屋でオンデマンド調達を中心にしていくつもりです。また使ってみた様子や感想などあったら書きますね。

*****

お正月明けのまたまた3連休。

昨日は、エルの入学式の洋服を一式揃えに出かけました。ブレザーとチェックのスカートにチェックのリボンタイ。流行の(?)なんちゃって制服風です。

今日のお昼はピザを手作りしました。生地も簡単に作れることを行正り香さんのブログで知り、早速お試しです。焼ける間のトマトとチーズのいい匂いが最高。2枚を家族でぺろっと食べてしまいました。次はバジル入りのオリーブオイルを買っておこう。今日は天気もよく、いかにも休日っぽくって、のんびりしたこういうお休みもいいですね(^ー^)


↓ランキング参加中♪

にほんブログ村 幼児教育

このごろつれづれ。(ワーク・料理・ブロック)2009/12/01 16:07

インフルエンザ騒ぎで、いろんなことが後回しになった先週でしたが、最近のことをいろいろと。

・エルの「入学の準備ワーク」は、基礎編が終わり、応用編に入りました。基礎編はひらがなの読み書き、10までの数の認識と数字書き、時計の読み(○時ちょうど&○時半)が主な内容でした。応用編はその先の、もう少し知育っぽい内容ももり込まれているようです。

エルにとっては親の予想以上に新鮮だったらしく(ペーパー学習というものをほとんどさせてなかったので(^-^;)、なぞペーばりの熱心な食い付きでありました。正直、自分は毎日こつこつということがヒジョーに苦手だったので(苦笑)わが子ながらにちょっと不思議であります。生活の見通しがシンプルだから?性格?入学前のワクワク?まぁいずれにせよ、楽しくやっているようなのが何よりなので、乞われるままに丸つけしつつ、そっと見守っております。

・昨日はエルと一緒に夕食の準備をしました(ジェイと一緒に遊ばせておくともめるので、苦肉の策(^-^;)。子ども用包丁でみじん切りするのが気に入った様子。ねぎとセロリを熱心に刻んでくれました。ニンニクは私が切って、鶏手羽元と一緒に大きめのジップロックに入れ、醤油と赤ワインとナツメグ少々に30分くらい浸けておき、オーブンで20分くらい焼きます(←わが家の超定番)。もう一品は、ブロッコリーの茎・葉と玉ねぎとベーコンのコンソメスープ。キッチンで一息つきながら、一緒にかりんを漬けたはちみつのお湯割りを飲み、「ママは毎日こんなことしてるの?」「そーよ、ごはんは毎日食べるからね~」と、しばし主婦を体験したようです。

・ジェイですが、何でもこわいこわい期(=ママべったり期(^-^;;)もやや脱し、一人で静かに遊ぶ時間が増えてきました。虹色教室的に大ブレイク中のレゴ・デュプロですが、ジェイ(もうすぐ1才10ヶ月)でもくっつけたり外したりすることができるという操作性のよさは秀逸です。ウチは「とりあえず」って感じで買っておきつつあまり活用していなかったラインがたまたまデュプロでした。レゴシリーズの方も、小さな箱のセットを買ったことがあるのですが、エルの「(小さい部品を)外して~!」攻撃に困って、一人あそび推奨のため、デュプロの大箱をいくつか買ってありました。

なおみ先生が厳選されただけあって、そのシンプルさと扱いやすさは、算数的性質を見据えた教材としては、ベストなのではないでしょうか。美しさや完成度という点はさておき。何かを選ぶということは、何かを選ばないということかもしれないですね。対象物の持つ性質と制約を知り、自分の中の仮想と重ね合わせていく作業の中では、シンプルなもののほうが仮想の精緻化を助けることもあるでしょう。認知資源の配分という点からも見解は一致します。そういう場合の対象物は、道具または副産物という、脇役の扱いです。これは、言語のやりとりや、読書の楽しみというしくみとも、共通するところがあるような気がします。

認知科学に、モデル論という考え方があります。複雑な脳の働きのうち、注目したい認知のしくみだけを取り出して、モデルで表すことにより、アイディアを発表したり共有したりすることができる。また同時に、アイディアを特定のモデルの形に具現化することによって、そのアイディア自体も洗練されて本質的なものになっていく、というな、アイディアとモデルの相互作用のありかたも含んでいます。これをデュプロにあてはめると、制限の多い素材を使うことによって仮想が練られ、表現されるものがシンプルかつ本質的なものになりやすい、ということになります。このシンプルかつ本質的、というのは、複雑な現象から数学的な側面を抜き出して凝縮させていく方向と一致しているように見えます。

とりあえず、デュプロが手元にあったラッキーに感謝しつつ、エルの興味を見据えながら、オンライン教室は赤丸要チェック中、という感じです。素晴らしい教育用素材がいつでもどこでも利用できる、ネットって、本当に便利ですね♪


↓ランキング参加中♪

にほんブログ村 幼児教育