ガチなメンヘラからのマジレス。 ~『リスカ』『OD』という言葉 ~2015/04/15 09:54

「リスカ」「OD」という言葉が、
ネットを経由して、広まっているらしいです。
http://psichiatra.blogspot.jp/2013/04/blog-post_3194.html#P9s0lzY.twitter_tweet_ninja_l

恐らく、南条あやちゃんの
『卒業式まで死にません』
http://www.amazon.co.jp/dp/4101420211
あたりから出てきたものでしょう。

ガチな四十路メンヘラから、あなたへのメッセージ。

「リスカもODも、絶対に、後悔します。」

私は、二回のうつ病を経験しました。

一度目は、結婚・転居・研究などが重なって、
治るまでに3年かかりました。

二度目は、生活の用事を能力以上に引き受けてしまい、
こちらも治るまでに3年かかりました。

そして、一生、予防のための薬を飲み続けることになると思います。

リスカもODもしました。
手のひらに山盛り3杯の向精神薬を飲み、
風呂場で手首を切りました。

もちろん、そのどちらでも、死ねません。
救急車で運ばれ、入院しました。

リスカの傷は一生残ります。
今でも左手に、時計とブレスレットは欠かせません。
見るたびに後悔します。
つり革につかまったとき。
友達とお茶しながら、ほおづえをついたとき。
寝ながら子どもに本を読んであげるとき。
見つかったら、なんて説明しよう?
子どもが真似したらどうしよう?
子どもがうつ病になったら、私のせいだ。

知り合いに、妊娠しているのに気づかず、
ODしてしまった人がいます。
その子はたまたま無事だったけれど、
もし、他の子どもと違うところが見つかって、不安なとき、
自分のODが原因かもしれないと思ったとしたらどうでしょう?
一生の間、自分を責め続けることになるでしょう。

そこまでの覚悟を持てますか?

うつ病は、単なる落ち込みや調子の悪さとは違います。
脳の病気です。
思考が完全に乗っ取られてしまうのです。
「生きていてもいいことなんてない」
「死んでしまった方が楽だ」
病気がそう思わせるのです。

一度目のうつの時は、その思考に振り回されました。
二度目のうつの時は、その思考に対して、
「病気がそう思わせているだけなんだ」と、
かすかに信じられました。
だから、なんとか、生き延びることができました。

家族がいなかったら、生きていられたかどうかわかりません。
実際に、何人もの友達が、逝ってしまいました。
そういう病気です。

休養して、
病院から出されたお薬をきちんと飲んで、
時間が経てば、
うつ病は必ず治ります。
いいことも、いっぱいあります。
私は、いろいろあったけれど、今とても幸せです。
生きていてよかったと思っています。

リスカとODの後悔は、一生背負っていきます。
若い頃は、かっこよかったかもしれないけれど、
四十すぎたら、ただのバカです。
どうかしてる、関わり合いになりたくないやつです。

後悔からも、学ぶべきことはきっちり学んで、
子どもを産み育て、だんなさんより長く生きることが、
今の私の使命です。

誰かのお役に立てればと思い、このメッセージを送ります。
読んでくれてありがとう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント防止のクイズ認証をします。
「お花見をする花といえば?」
(ひらがな3文字で)

コメント:

トラックバック