5分でわかる!今回のうつ ~エピソード2~2015/03/24 05:40

一切記録を取っていなかったので、記憶によるものです。前後関係などはかなり曖昧です。が、一応一段落ということでメモ。

2011年:今思えば、4年前の私はすでにちょっと危うかった。3月の震災で軽くうつが入り、その反動か、4月にジェイが幼稚園に入って、数年ぶりの自由を満喫すべく、ランニングを始めたり、小学校にボランティアに行ったり、おしゃれを取り戻したり、軽躁的な様相を呈していた。秋頃からだんだん疲れ気味に。

2012年4月:小学校のPTA役員を引き受け、仕事内容もメンバーも楽しかったけれど、いろんな保護者がいて大変だったことも事実。また、義姉一家が徒歩20歩くらいのところに引っ越してきて、それ自体はうれしいことなんだけれども、環境が変わったことも事実。加えて、エルのピアノコンクールの練習が進まず、脳内でブチッという音がして切れたのを感じた。

2012年7月:ピアノコンクールが終わると、それまでの緊張が一気にゆるみ、軽くうつが入る。眠れない・食べられない・涙が出るが2週間続く。今回のは本物だぞと思い、とりあえず、かかりつけの内科でドグマチールとセルシンを出してもらう。7月から10月まで飲んで、生理が止まったのがつらくて、自己判断で勝手に減らす。ひたすら悲しくて仕方なかった。今思えば、どうしてここで心療内科に行っておかなかったのかが悔やまれる。

2012年12月:いよいよ頭がパニックになって、脳内が騒がしくて眠れない。12月の始めに、10年前のうつを卒業した心療内科を受診。10年前最後に飲んでいた、アモキサンとセルシンと眠剤(デパスとレンドルミン)が出る。

2013年4月:2年目のPTA役員は、主治医の勧めで同じ役職を続ける。新しいことは一切しない、仕事も極力合理化して負担を減らす。だんだんアモキサンの量が増えていくが、年明けあたりから徐々に減らし始めた。ドグマチールをやめて、10ヶ月ぶりに生理が来るが、更年期的様相。

2013年5月:アモキサンを1日1錠まで減らしたあたりで、軽躁エピソード(躁鬱混合)。買い物しまくる。1ヶ月でうつに逆戻り。この時点では「冬期うつ」との見立てだった。

2013年9月:自律神経が壊れ、ひどいめまいに襲われる。耳鼻科で「メニエールの疑いあり」と診断され、イソバイドを1ヶ月続ける。周囲の人には「自律神経失調症」と部分的にカミングアウトし、助けてもらうことに。

2013年後半~2014年5月:なんとか小学校には顔を出すものの、みんなに「…具合どう?」と聞かれるほど病人オーラmax。アモキサンもどんどん増えて、最大量を飲むようになるが、あまり効いている気がしなかった。PTA役員の任期が5月で終わる。前年来た5月の軽躁は来なかった。ひたすらうつが続く。

2014年6月~11月:ひたすら寝込む。買い物はおろか、身体を起こしているのも苦しい。アモキサンは最大量(1日150ミリ)をちょっと超える。抗不安薬は、ソラナックスが合わず、セルシンでは弱く、レキソタン5ミリ×3回に(多すぎ)。希死念慮がひどく、9月頃に閉鎖病棟を紹介してもらって見学に行くが、人が多くて怖く、結局家で寝ている方を選ぶ。同じく9月頃に、婦人科も受診。ホルモン注射を打ってもらっても、うつも生理もよくならなかった。帰納法的に、更年期うつの治療法も断念。

2014年12月:希死念慮が続くので、10年前のうつで最初に飲んでいたアナフラニールとの併用開始。2週間くらいすると希死念慮も軽くなる。

2015年1月:だんだん躁が出てくる。1月半ばから買い物しまくるようになる。最大量だったアモキサンは1ヶ月くらいであっさり中止、アナフラニール朝晩とレキソタン1ミリ×3回に。

2015年3月:見立てが、冬期うつから双極Ⅱ型(あるいは軽度のⅠ型かもしれない)になったらしく、すぐにではないが長期的に見て、ムードスタビライザーとしてリーマスかテグレトールはいかが?と言われる←イマココ。

5分では読み切れない量でしたね(^-^;

これまでは、10年前のうつで人体実験した、自分的テッパン薬しか飲んでいなかったので、新しい薬を試すのがちょっと怖いです。

ムードスタビライザーとして飲むのならば、恐らく一生続けなければならないと思うし、すい臓が無いことで他の臓器にも負担をかけているのも事実。できれば身体に負担が少ない薬にしたい。

次の診察までの3週間、ちょうど軽躁相だし、集められるだけの情報は全て集めて、主治医とよく相談してみたいと思います!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント防止のクイズ認証をします。
「お花見をする花といえば?」
(ひらがな3文字で)

コメント:

トラックバック