ココロ棚卸し。2012/10/02 14:40

ブログが書けなくなってかなり経ちますが、やっぱり私が何かを書きたいところってこの個人ブログなのかもなぁ、と恐る恐るのぞきに来ました。自分の家(?)なのにね(笑)

この場所の力が私に何か方向を与えてくれるかもしれない。

ここで書きたいのは、自分のこと。何に興味を持ち、何を考え、どうやって乗り越えようとしているのか。正直でライブな報告。

実は今、久々に調子が悪くって、10年ぶりに、一番弱い抗うつ剤を飲んでいます。これだけの微量でそれなりに効くっていうのが、我ながら可笑しいのですが。←昔取った杵柄?

そのことから書こうかな。

●ここ数か月の体調の経過。

6月の終わりから7月の始めにかけて、2週間くらい眠れなくなり、やがて食べ物の味がしなくなり、話をしているとふと涙が出そうになることに気づき、かかりつけの内科へ行って抗うつ剤を出してもらいました。不調が長引くようだったら心療内科へ行くと約束して、とりあえずは内科で。

1日3回最低量を飲んでいたのが1か月くらい。それから1か月くらいかけて1日2回にしました。現在朝晩2回なんですが、1回にすると、そのままいける日もあれば、頭がぼーっとして、身体が重くなり、なんともいえず悲観的になってくるときもあります。そんな時に「来た来た」って感じで、飲まなかった分を飲む。そうすると、まともな思考回路が戻ってきて、気分も底を打つ感じで、これ以上は落ちないという安心感が戻ってくる。

ココロの不調なのに、身体状態として変化があるんですよね。不思議。減薬は絶えざる人体実験ですね。

ま、しばらく飲み続けるつもりなので焦ってはいないのですが。

●思い当たる原因など。

不調に気づいた時は、いろんな心配事が重なっていた気がします。それぞれは小さいことなのだけれど、同時に3つか4つは抱えていましたねぇ。それぞれきちんと対応して、大きな問題はないはずなんだけれど。

あるとき疲労がキャパオーバーしちゃって、この点を超えて壊れたら修復するのに時間がかかるというポイントがあって、それを超えちゃった感じ。実に10年ぶりです。気をつけてはいたのですが、油断があった感は否定できないな。

うつうつとはこんな感じで一生のつきあいかもなぁ。ま、元・玄人患者なんで薬やら体調の管理は、頭では分かっているんだけれど、だからといって、うつうつに陥らないとは限らないのが難しいところ(^-^;

具体的にいこう。

・ただ単に、忙しかった、一人になってまともに考えるための時間が取れなかった。

・小さな面倒事を抱えていた。内容は難しくないのだが、他人の間をうまく調整しなければならないような、時間と手間と神経を使う内容。これを複数個。

・エルのお年頃な感じが変化してきて、うまく対応できなかった。生活やら、学習面やら、習い事やら。

キャパ小さっ!(^-^;

けれど、それが自分なんだから、それを前提として生きていくしかないわけで。覚悟というよりあきらめはついている(笑)

●対応策。こちらも具体的にいこう。

・一人でゆっくり買い物をして回る。電車に乗って、日常と違う空間で、自分の行きたいところへ行く。

・話をする。できればオフラインで。

・文章化する。この場所もうまく利用する。

・運動する。秋になったから、走る。温水プールも利用。

至極穏当ですが、こういう普通のことをきちんとちりばめておかないと不調に陥るということがよくわかりました。

今日は、風邪気味で幼稚園をお休みのジェイと一緒に、久しぶりにゆるゆると過ごしました。時間がとれたのでやっとここまで書けました。
よかった。

生活のペース再考。2012/10/03 11:23

昨日のエントリで、自分の中でも現状に納得できた部分があって、だいぶスッキリしました。ありがとうございます>読んでくださったみなさま。

文字にしてみる魔法ですね。

で、早速今日から、生活立て直し案を考えてみることにしました。

・運動

体力確保のため、子どもと一緒にぎりぎりまで寝ていたのですが(あはは~(^-^;)最近は30分~1時間くらい早く目が覚めるので、そこで起きることにしました。貴重な一人の時間になるかなーと思ったら、ジェイが早起きして来たりしますが…まぁ、おおむね静かな時間です。簡単なストレッチとかをしたりしていました。

いつも子どもの寝ざめに0655(Eテレ6:55から)をつけるのですが、ふと朝の6:30につけてみたら「ラジオ体操(みんなの体操?)」をやっていることを発見。

ラジオ体操…なるほど!

とりあえず一緒にやってみました。ベタだけど、まぁ、何もしないよりはずっといい。朝起きたばっかりの身体が温まってほぐれました。ホントは5:30に起きて朝ランが憧れなんだけど、現状ではどう考えても実現不可能。まずは低いハードルから♪

・家で過ごす午前中

夏休み前は、小学校に平均週2くらい(!)で通っていました。
残りの日に買い物やら雑用を片付け、
さらに残った日は書類仕事をやっていたので、
実は家でゆっくり平日の午前中をすごしたのは月にせいぜい数日でした。
しかも12:30過ぎたら急いでお昼を食べて、1:30にはジェイのお迎えに出かけます。(幼稚園ってすぐに終わっちゃうのです。)
子どもが(順次)帰って来れば、いろいろな要求もあるし、時間を見て動かさなければならないし、合間に家事もあるし、落ち着かないです。

→ちょっとやりすぎ。息を抜く暇がなかった。

そこで、これからはできるだけ家にいる午前中に気持ちを休めようと決心。これは必要な時間。そこで、今まであまり飲まなかった、コーヒーを、10:00頃に飲むことにしました。最近はインスタントでもおいしいですね。ミルクをたっぷり入れてカルシウムの補給です。

午前中のカフェインいい感じ。飲みなれていないせいか、頭がスッキリして、ヒマ食いも避けられそう(笑)。

あと、お昼の支度(とはいっても、冷蔵庫の中の残り物が中心(^-^;)の時に、夕飯の目鼻をつけてしまうのも、夕方の気分が楽になりますね。できるときにはやってみよう。

忙しい生活は今まで苦手だったのですが、前もってできることをやっておこう、限られた時間の中でできる範囲を考えよう、などと考え方が切り替わって、いいこともあるのですね。

…などと、いまさらのんきなことを言っている自分を発見すると、まだまだ大丈夫だなー、伸び代十分♪と妙に安心してみたりします(笑)

時々こうやって、見直すことが大事なのですね。

自分ケアその後。2012/10/10 13:01

ラジオ体操も、コーヒーも、ぼちぼちと続けております。三日坊主になるためにはせいぜい3日は続けなければいけないんだよなーなどと思いつつ。ま、その3日は越えたかな(笑)

気づいたこと。

「今ここにいる自分のために、何かをしてあげること」

それを意識しながら行動すると、とても満足感があるのです。

少し将来の自分が困らないように何かをしておくことは、よく意識していたのですが、今ここにいる自分に対しては、案外見向きもしなかったことが多かった。

今日は、図書館に行って、自分のための本を3冊借りてきました。(いつもは、土曜日にエルと一緒に図書館へでかけ、ジェイのための絵本を借りてくることが多いのです。)大人フロアでのんびりゆっくりうろうろできて楽しかった。

それから、

これから生活していくためのささやかな目標(意味?)のようなものを見失ってしまってつらかったのだけれど、

(おかげで、『悩む力』つながりの、フランクルやら夏目漱石やらを読み散らし、今はふと手に取った内田樹を読んでいるところ(笑))

なんとなく見えてきました。

元がアマノジャクなので、社会の中の多数派の価値観に対して自分がどのような位置にいても、別にかまわないはずなのです。

そういう、ゆるやか(でまっとうであればなおよし)な批判軸があってもいいんじゃないの?と内田樹は書いていたと読めました。あくまでも個人的には。

その立場をこれまたゆるゆると発信していけば、何かどこかでバランスが取れるみたいなこともあるんじゃないかと。

書いてみる一番の利点は、自分が自分を見失わないということなんですけれどね。

やり方はどうであれ、毎日笑顔で暮らせれば、それがだれかの元気になるんじゃないかな、みたいな素朴でストレートな感覚が、なんとなく見えてきました。

しばらくは、その感覚にしたがって進んでみよう。そしてまた、気づいた時に軌道修正すればいいんじゃないかと。…今回のようにね。